トップ > モラロジー研究所 > 創立者

創立者モラロジー研究所

 

創立者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 創立者・廣池千九郎(法学博士)は、慶応2年(1866年)3月29日に大分県中津市で生まれ、青年期までをこの地で過ごしました。教育者として世に出て、情熱をもって初等教育の普及に取り組み、未就学児童のための夜間学校開設や道徳の教科書『新編小学修身用書』の執筆、教員の生活向上を図る日本初の教員互助会の設立など多方面で活躍しました。さらに、地方史の先駆けである『中津歴史』の執筆、後に、『古事類苑』(日本最大の百科史料事典)編纂に携わるとともに「東洋法制史」という新しい学問分野の開拓をはじめとした多くの学術的な業績をあげ、大正元年、東京帝国大学を通じて独学で法学博士号を取得(大分県出身者で初)、教育者として、また研究者として、日本の近代化、教育界に足跡を遺しました。

 

 大正15年、前半生の学識と体験の集大成として「総合人間学としてのモラロジー」を創建しました。そして昭和10年に「道徳科学専攻塾」を開設し、モラロジーに基づく社会教育と学校教育を共に行う生涯教育をスタートさせました。

 

 今日、社会教育は、倫理道徳の研究と心の生涯学習を推進する公益財団法人モラロジー研究所に、そして学校教育は、「知徳一体」の教育理念を建学の精神とする麗澤各校(大学・高校・中学・幼稚園)を有する学校法人廣池学園へと受け継がれています。

 

■専門分野

歴史、東洋法制史

 

■著  書

『新編小学修身用書』(1888)、『中津歴史』(1891)、『史学普及雑誌』(1892~95)、『皇室野史』(1893)、『支那文典』(1905)、『東洋法制史序論』(1905)、『伊勢神宮』(1908)、『東洋法制史本論』(1915)、『伊勢神宮と我国体』(1915)、『日本憲法淵源論』(1916)、『道徳科学の論文』(1928)、『孝道の科学的研究』(1929)など。編纂等:『古事類苑』(編纂1895~1907)、『国史大系』(校訂)、『倭漢比較律疏』(稿本)、『大唐六典』(訓点)、『平安通志』(編纂)

 

■掲  載

『日本史研究者辞典』(1999,吉川弘文館)など。

 

【参照】廣池千九郎WEBサイト   http://www.hiroike-chikuro.jp/

 

 

 

このページの上部へ