トップ > 共 通 > 廣池幹堂理事長が広島の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」に参列

廣池幹堂理事長が広島の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」に参列共 通

 平成27年8月6日(木)、広島市平和記念公園にて行われた「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和祈念式典)に、廣池幹堂理事長が参列。松井一實・広島市長より戦後70年という節目にあたりご招待を受けたもので、モラロジー研究所を代表して、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念いたしました。

 

 この日の広島は、70年前と変わらない雲ひとつない晴天。平和記念公園では原爆投下時刻と同じ午前8時15分、平和の鐘が厳かに鳴り、式典参列者約55,000人が黙祷をささげました。海外からは、アメリカのキャロライン・ケネディ駐日大使、アメリカ政府高官として初めての出席となるローズ・ゴットメラー国務次官を筆頭に、英、仏、露の駐日大使など、史上最多となる世界100か国の代表が参加しました。
 安倍晋三・内閣総理大臣は挨拶で、「我が国は唯一の戦争被爆国として、現実的で実践的な取り組みを着実に積み重ねていくことにより、『核兵器のない世界』を実現する重要な使命がある。また、核兵器の非人道性を世代と国境を越えて広める務めがある」との強い思いを表明。秋の国連総会では新たな核兵器廃絶決議案を提出する意向であることを示しました。また、今後広島で行われるさまざまな国際会議を通して、「被爆地から我々の思いを、国際社会に力強く発信する」としました。
 松井市長は「平和宣言」において、「核兵器は『非人道性の極み』であり、廃絶を目指さなければならない。広島市は、被爆の実相を守り、世界中に広め、次世代に伝えるための取組を強化する」と言明。さらに「為政者が顔を合わせ、対話を重ねることが核兵器廃絶への第一歩となる。そうして得られる信頼を基礎にした、武力に依存しない幅広い安全保障の仕組みを創り出していかなければならない」と述べました。

 

  

このページの上部へ